中木の海 南伊豆エリア

伊豆半島最南端のダイビングエリア。透明度のいいときは30m以上も見えることがあり、美しいエダサンゴが一面に広がり、また魚影も濃く南国ムード満点のエリアです。地形も豪快で、地形派ダイバーにも納得してもらえるポイントがあります。ウミガメや大型回遊魚、トビエイの大群に遭遇するチャンスも高いです。また飼育中のイルカと一緒にドルフィンスイムもできます。伊豆半島でイルカと泳げるのは中木だけ!イルカ好きにはたまらないエリアです。

潜り方は?

ボートポイントまではそれぞれ2~3分ほど。1ダイブごとに陸に戻ってきます。タンクを背負い、3点セットは手に持って乗船します。乗船したら3点セットを身につけ、船べりに座ってバックロールエントリー。

こんな生物に出会えるかも

仲木の生物

神子元の海 南伊豆エリア

伊豆半島沖に浮かぶ無人島。島の周囲は起伏に富んだ地形で、海面に向かって山のように根がそびえており、その周りを潜ります。ハンマーヘッドの群れや回遊魚のものすごい群れ、また時にはマンボウの群れが現れることもあります。

潜り方は?

ポイントまでは大型船で20分ほど。1ダイブごとに陸に戻ってきます。ボート後方のパワーリフトに立ったまま、自動的にステップが上下します。フリー潜降、ドリフトダイビングがメインとなるため、ベテランダイバーにお勧めのエリアです。

こんな生物に出会えるかも

神子元の生物

須崎の海 南伊豆エリア

手つかずの野性味あふれるダイナミックな海と白砂の広がる穏やかなビーチとの組み合わせで、いろいろなスタイルのダイビングを満喫できます。
ボートポイントでお勧めなのが”須崎根”。外洋に面しているため、流れの速いことが多く、水深も深め。大物の魚や大群に遭遇することがしばしば。さらに、マクロ派やフォトダイバーにとっては多種多様なウミウシがいるので楽しめることでしょう。また”田ノ浦島”周辺の水路やトンネルを巡るトレジャー・ハントオリジナルコースもお勧め。
ビーチポイントは、白砂の広がる”九十浜”。水深が浅いため、お天気のいい日には上からの太陽光で白砂がとても綺麗。まさに癒し系のポイント。ダンゴウオやスナビクニンといった小さな人気者たちを探すのもおもしろいです。

潜り方は?

ボートポイントまではそれぞれ15分ほど。1ダイブごとに陸に戻ってきます。タンクを背負い、3点セットは手に持って乗船します。乗船したら3点セットを身につけ、船べりに座ってバックロールエントリー。ビーチポイントまでは、ウェットスーツを着て送迎車で5分ほど。器材を装備し、手すりを持って安全にエントリー。

こんな生物に出会えるかも

須崎の生物

波勝崎の海 南伊豆エリア

伊豆半島では一番新しいダイビングエリア。地形はダイナミックで、”弁慶”では魚も多く透明度もよく、大型回遊魚も見ることができる。潮がかかる時はめちゃめちゃ速いので、中上級者向けの大人なポイント。潮の流れが穏やかな”ミカ島”では初心者から上級者まで楽しめ、秘密のトンネルがあったりする。かわいいお猿さんたちがお出迎えするところは、ここ波勝崎だけ。

潜り方は?

ボートポイントまでは5分ほど。1ダイブごとに陸に戻ってきます。タンクを背負い、3点セットは手に持って乗船します。乗船したら3点セットを身につけ、船べりに座ってバックロールエントリー。

こんな生物に出会えるかも

Coming Soon ...

妻良の海 南伊豆エリア

地形も楽しめて魚の群れも多く、”平島”では大型回遊魚を見ることができる。

潜り方は?

ボートポイントまでは10分足らず。1ダイブごとに陸に戻ってきます。タンクを背負い、3点セットは手に持って乗船します。乗船したら3点セットを身につけ、船べりに座ってバックロールエントリー。

こんな生物に出会えるかも

Coming Soon ...

雲見の海 西伊豆エリア

ダイナミックな地形が数多く広がる西伊豆最大の地形エリア。トレジャー・ハントのガイドは雲見で育ったため、そのガイド内容は独創性にあふれ、他では味わうことのできない本当の雲見のおもしろさをご案内できます。牛着岩、三競はもちろんのこと、黒崎も独自のルートで無数の小さな穴巡りにより探検気分を味わってもらえること間違いなし!雲見に飽きてきたダイバー、ぜひ一度トレジャー・ハントで潜ってみてください。新しい雲見をきっと発見できることでしょう。

潜り方は?

ボートポイントまではそれぞれ2~3分ほど。1ダイブごとに陸に戻ってきます。タンクを背負い、3点セットは手に持って乗船します。乗船したら3点セットを身につけ、船べりに座ってバックロールエントリー。

こんな生物に出会えるかも

雲見の生物

田子の海 西伊豆エリア

エダサンゴの群生するとても綺麗なエリア。時期によってトビエイが乱舞し、豊富な生物を見ることができます。毎年新しいポイントを開放し、常に飽きの来ない海を提供しています。豊富なポイントによりダイバーを楽しませてくれます。

潜り方は?

ボートポイントまではそれぞれ4~5分ほど。1ダイブごとに陸に戻ってきます。タンクを背負い、3点セットは手に持って乗船します。乗船したら3点セットを身につけ、船べりに座ってバックロールエントリー。

こんな生物に出会えるかも

田子の生物